メタルフリー治療

身体に優しい修復材料

歯の金属が身体に与える影響とは

金属は本来お口の中に存在しません。
歯の治療に使う金属は金属アレルギーの原因になりますし
重金属イオンは老化や免疫力の低下を引き起こします。
当院では、このような金属のかわりに、体に優しいプラスチックやフルセラミック
を使って治療を行なっています。
また、そのような金属がすでにお口に使われている場合は、
これを取り除いてプラスチックやセラミックに交換します。

当院で使用する詰め物・被せ物

当院で使用する詰め物・被せ物は以下の通りです。

保険診療

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠とは、ハイブリッドセラミックを使用した白い詰め物・被せ物のことです。平成24年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)に使用する場合に限り、保険適用となりました。CAD/CAM冠はパソコン上で設計し、ハイブリッドセラミックを機械で削り出して作成します。天然歯に近い仕上がりにはなりますが、あまり強度が高くないというデメリットもあります。

コンポジットレジン

小さなむし歯を埋めるときには、コンポジットレジンを使用します。コンポジットレジンは割れにくく、すり減っても継ぎ足しができるというメリットがあります。

保険外診療

ジルコニア

被せ物には主にジルコニアを使用しております。ジルコニアとは、強度を高めたセラミックのことで、天然歯に近い色味でありながらオールセラミックよりも硬く、割れにくいのが特徴です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、世田谷区にある駒沢歯科医院まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_03-3421-4129.png
staff staff blog